エキシビション(市街戦) › 空き地の前まで
シュタイヤー1500A/01

ゴルフ場から撤退するシーンで、駐車場にある車両です。
ドイツ軍が使用した定員8名の大型軍用乗用車です。
場所 ゴルフ場外・駐車場

軍事
セイブセンセン

茨城県にあるスーパーマーケットチェーン「セイブ」のパロディです。

ロゴもほぼそのままで、下に「センセン」と付け加えられているだけになっています。

名前としての元ネタは西部戦線です。
場所 大洗町市街

本編
撤退シーンで見える看板

町中に多くのパロディ看板が見えます

レストラン 大洗ひとまる → 自衛隊の10(ひとまる)式戦車
ほるもん曹長 → ホルモン番長(焼肉チェーン)と曹長(軍隊などの階級)
エクセルシア → ウェルシア(ドラッグストア)とエクセルシアー(戦車)

これらはどれも元ネタになっている看板が町で確認できます。


なお「ダイカツ」と「大和旅館」は実在する看板です。
場所 大洗町市街

本編
すっ飛ばしてるクルセイダー

ローズヒップが乗るクルセイダー(2両目)はスピードを出しすぎて滑りながら曲がっています。

このシーンに限らず、ローズヒップが乗るクルセイダーは、スピードを出しすぎていたり、挙動に落ち着きがなかったりと特徴的です。

戦闘中以外はセリフがないローズヒップですが、この動きだけでも性格がにじみ出ています。
(よく考えると実際に落ち着きが無いのは操縦手な気もしますが)
場所 大洗町市街 (空き地周辺)

本編
ガードレールの跡

カモさんチームとカバさんチームを先行させる時に、IV号が右側をガードレールにこすっています。
その跡はエキシビションの終了まで確認できます。

車体の損傷がその後のシーンでも残っているのはガルパンではおなじみですね。
場所 大洗町市街 (空き地周辺)

本編
重量差があるから大丈夫

B1bisの32トンに対して、クルセイダーは20トン。
確かに重量差はありますが、あのスピードでぶつからせるのは中々な無茶振りです。

計算された上での指示だとは思いますが、字面だけ見るととんでもない無茶振りに見える「みほさんの丁寧語で無茶振り」シリーズのひとつです。
場所 大洗町市街 (空き地周辺)

本編
軍事
エキシビション(市街戦) › 役場まで
「逃げてるけど逃げ切れない感じ」

具体性の無い難しい指示ですが、冷泉麻子はそれに即座に対応しています。
仲間達の能力の高さと、信頼によって生まれている指示といえます。

このあたりのことは、コミック「ガールズ&パンツァー劇場版 Variante」でも詳しく描かれています。

なお、このセリフから「社畜さんチーム」を初めとした多くのネタ・大喜利がネット上で誕生しました。
場所 大洗町市街

本編
ちょうちょ

映画「西部戦線異状なし」のラストシーンが元ネタの様です。

元になったシーンは塹壕に隠れていた主役が、外に飛んできた蝶に手を伸ばした時に、狙撃手に撃ちぬかれれるというとてもショッキングなものです
場所 大洗町市街

生コメンタリー上映
大勘荘

M3リーが看板を破壊した大勘荘には、丸山紗希のパネルが置かれています。

専用プランなども用意して、積極的にガルパンともコラボしてる宿泊施設の一つです。
新鮮な海産物が山盛りで出てくると評判です。

※リンク先は音楽が流れるので注意
場所 大洗町市街

本編
ミリタリーコメンタリー
OY12地点

OYは大洗町役場(Oaraimachi Yakuba)から取っています。

ちなみに大学選抜との試合で、遊園地で追い込まれて囲まれた地点は、YO(野外音楽堂)地点です。

基本的にローマ字なんですね。
場所 大洗町役場

本編
大洗町役場

大洗大使事こと杉山プロデューサーが町長に壊してもいいですかと聞いたところ、ちょっと間が空いてからOKが出たそうです。

最終的にはちょうど改装するタイミングだったため「砲撃で壊されたから直した」ということにしたそうです。
(ノリがいいですね)

上映を見た大洗商工会の方は、ボロボロになった役場を見て大爆笑したそうです。

ちなみにマリンタワーの破壊はさすがにNGだったそうです。

本編
Web配信
生コメンタリー上映
八九式、九七式(チハ)、三式(チヌ)

アヒルさんチーム、西隊長、アリクイさんチームが、大洗町役場の入り口に並んでいます。

日本の中戦車が勢揃いですね。
場所 大洗町役場

本編
軍事
ピロシキの中のお惣菜にしてあげるわ

「こんなチマチマしたチビっこい連中、削って削って削り取って、ピロシキの中のお惣菜にしてあげるわ」

小さいものへのコンプレックスとロシア料理といった、カチューシャ全開なセリフです。

ピロシキはロシアの総菜パンなので間違ってはいないのですが、「お惣菜」という言い方にカチューシャらしい可愛らしさがあります。
場所 大洗町役場

本編
ローズヒップと車両

ここでローズヒップが初登場します。

ローズヒップが乗るクルセイダーの隊長車は、砲塔前部にある三本の棒(車長用直接照準器)が赤く塗られています。

ところで、ローズヒップティーはローズヒップ(バラの実)を使っているので、紅茶ではありません。
ある意味他と違うという表現なのかもしれません。
(実はオレンジペコも等級で銘柄ではないんですけどね)
場所 大洗町市街

ミリタリーコメンタリー
エキシビション(市街戦) › 大洗まいわい市場まで
おか亭

クルセイダー部隊に追われていたIV号が「おか亭」の前でターンするシーンです。
おか亭の前は実際にはここまで広くはありません。

他のシーンでも戦車が立ち回るために、距離を伸ばしたり、広くしたりしたところがかなりあるそうで、実際よりもちょっと大きな大洗になっているようです。
場所 おか亭前

生コメンタリー上映
ニュータイプ華さん

全速バックで物陰から飛び出したクルセイダーに砲撃を命中させた五十鈴華ですが、生コメンタリーでは「ニュータイプ」と言われていました。
(ガンダムネタですね)

確かに、劇場版での華さんの行進間射撃(走りながらの砲撃)は、ニュータイプと呼ぶにふさわしいものです。
(他にも何人かニュータイプ候補がいる気もしますが)
場所 大洗町市街

生コメンタリー上映
ノンナの鼻唄

ノンナがポルシェティーガーに照準を合わせる時に歌っている曲は「一週間」というロシア民謡です。
ノンナ役の上坂すみれさんが選曲を一任されたそうです。

作詞・作曲者は不詳の曲で、内容は女性の一週間を歌ったものとなっています。

テレビシリーズで黒森峰が集団でなかなか仕留められなかったポルシェティーガーを、鼻歌交じりに一撃で仕留めてしまうノンナはさすがとしか言いようがありません。
場所 大洗町役場

本編
ルクス

クルセイダーが走行しながら砲撃しているシーンでバックに見える「ルクス」は、関東にあるスーパーマーケットチェーン「エコス」のパロディです。

「ルクス」はドイツ語で山猫という意味になり、ドイツのII号戦車L型につけられた名前でもあります。

のちの回想に出てくる西住家の自家用車もII号ですが、こちらはF型と呼ばれる車種で、ルクスとは設計レベルから異なるものです。
場所 大洗町役場

本編
軍事
聖グロ1の俊足からは・・・

クルセイダーが足が早い戦車であることは事実なのですが、聖グロリアーナが所有する他の戦車(チャーチル・マチルダ)が鈍足なため「聖グロ1って言われてもさー」と生コメンタリー上映で突っ込まれていました。

ローズヒップの性格が非常によく分かるセリフです。
場所 大洗町市街

生コメンタリー上映
軍事
軽食喫茶ブロンズ

ヘッツァーと八九式が逃げているシーンでは、ペパロニの看板と鉄板ナポリタンでお馴染みの軽食喫茶ブロンズさんが映っています。

ブロンズと役場はとても近い位置にありますが、あまりにもガルパンおじさんが来るので、地元の方はちょっと遠慮してくれているとか。

いつでも行列がある人気店となっています。

本編
フォードFT-B

アヒルさんチームが福田を押しながら撤退するシーンで、画面右側に映っているカラフルな車両は、フォードFT-B(Tf-c)というポーランドで初めて作られた装甲車です。
場所 大洗町市街

軍事
ちらりと見える銀河

T-34/85(クラーラ)が倒れた信号機に乗り上げて空を向いた時に航空機「銀河」が映ります。

銀河は他のシーンでもちょいちょい映っています。
場所 大洗町上空

本編
肴屋本店の爆発

テレビシリーズではマチルダににツッコまれて入り口を壊された肴屋本店さんですが、今回は盛大に爆発しました。

クルセイダーのガソリンの入った増槽(予備タンク)が、T-34/85(クラーラ)にぶつかったからではと解説されていました。

ガソリンは揮発性が高いため引火すると爆発しますが、ディーゼルエンジンに使う軽油は引火しても爆発はしません。
場所 肴屋本店

生コメンタリー上映
軍事
大洗まいわい市場

大洗リゾートアウトレットにある大洗まいわい市場では、特産品などのお土産が販売されています。
ガルパン関連商品も購入できます。

ガルパンギャラリーやマリンタワーから近いこともあり、ほぼ全てのガルパンおじさんが一回は立ち寄る場所となっています。
場所 大洗まいわい市場

福田が頭をぶつけた看板

看板に「World of SPG」と書いてありますが、これは戦車ゲーム「World of Tanks」のパロディです。

SPGとは自走砲(Self-propelled gun)のことを指します。

このゲームは、他のシーンにも出てきます。
場所 大洗まいわい市場

本編
エスカレーターのブザー

九五式軽戦車(福田)が1階へ降りるときに使った、エスカレーターはのぼり用のため、逆走防止ブザーが鳴っています。

生コメンタリー上映では、この音が入っていると言われていましたが、他の音にじゃまになるかもということで実際には削除されていたそうです。

BD版で改めて追加された音です。
場所 大洗まいわい市場

本編
生コメンタリー上映
BD差分
40t超の標識

スーパー風紀アタックの直前、画面左に「40t超」という標識が映ります。
場所 大洗町市街

本編
スーパー風紀アタック

主砲と副砲の両方を発射しています。

他のシーンでも、よく見ると2発連続で砲撃していることが確認できます。

本来は4人乗りのB1bisですが、砲塔砲の操作と無線を全てそど子がやれば3人でも問題ありません。
(クルセイダーなども同じようなものですし)
場所 大洗町市街

本編
エキシビション(市街戦) › 浜辺まで
神社の階段

本当の大洗磯前神社の階段には、中央には手すりがあります。

本作で手すりがないのは、スピンオフ作品「リボンの武者」の中で壊れたからという設定に、杉山プロデューサーの中ではなっていると本人がおっしゃっていました。

たまに間違われることがありますが、大洗磯前神社は「いそまえ」ではなく「いそさき」と読みます。
また、那珂川の対岸にある酒列磯前神社(ひたちなか市)と2社で1つの信仰を形成しているそうです。
場所 大洗磯前神社

ミリタリーコメンタリー
生コメンタリー上映
参拝するノンナ

カチューシャとの会話の最後あたりで、ノンナは神社へ振り返って手を合わせて礼をしています。
場所 大洗磯前神社

本編
また騙されるルクリリ

テレビシリーズでも、この立体駐車場でだまし討ちを食らったルクリリですが、あの時は八九式の火力が弱すぎたことで助かりました。
しかし、今回は弱点(エンジングリル)を狙われ撃破されてしまいました。

「馬鹿め二度も騙されるか」と最高にさわやかなドヤ顔をしたルクリリでしたが、失敗から学習したのはアヒルさんチームも同様でした。

このシーンは福田が弱い戦車でも戦い方次第でなんとかなることを知った最初のエピソードであると同時に、実は知波単として初の撃破でもあります。
(ゴルフ場では命中しただけで撃破したと勘違いしていたため)

「ルクリリ」はケニア産の紅茶の名前です。
お嬢様言葉がおかしい方向にいくローズヒップと、完全に話す気がないルクリリを見ていると、聖グロの未来はオレンジペコにかかっている気がします。
場所 立体駐車場

本編
ハンヴィー

福田車の横にいる車両は、ハンヴィーと呼ばれるアメリカの軍用車です。

ハンヴィーとは「High-Mobility Multi-purpose Wheeled Vehicle」の頭文字を取ったもので、M998四輪駆動軽汎用車とその派生型の総称になります。

余談ですが、ハンヴィーを気に入ったアーノルド・シュワルツェネッガーの要請で民生化したものがハマー(HUMMER)です。
場所 立体駐車場

軍事
サイドアンダーミラー欲しい

サイドアンダーミラーは、他のミラーや目視の死角となる場所を確認するためのミラーです。
主にトラック・SUV・ミニバンといった死角ができやすい車両に装備されています。
場所 大洗磯前神社

本編
このサイトに掲載されている情報は世のおじさんの知識を集めたものです。酒の肴から二次創作の資料まで、基本的にはご自由にお使いいただけます。
端的に言いますと、おじさんたちが語り合うときに「こんな話を知ってる?」っていうためのネタ集です。
文章やHTMLを丸ごと転用したり、営利目的で使ったりはご遠慮ください。
使い方に困ったら遠慮なくご相談くださいませ。

© ガルパンおじさん
画像をただつなげるだけのサービス
ガールズ&パンツァー リボンの武者 4
ガールズ&パンツァー 特装限定版 全6巻セット
1/35 CV33 カルロ・べローチェ アンツィオ高校
ガールズ&パンツァー 劇場版特装限定版 (戦車トークCD付)
他のグッズ一覧


このサイトに掲載されている情報は世のおじさんの知識を集めたものです。基本的にはご自由にお使いいただけます。
ただし、文章やHTMLを丸ごと転用したり、まとめて販売したりといった使い方はご遠慮ください。
© ガルパンおじさん