大学選抜チーム戦(大学選抜の反撃) › 愛里寿動く
ボコのうた

中隊長たちの迷いを吹き飛ばした島田愛里寿の「ボコのうた」です。
収録の際に歌い終わった竹達彩奈さんが肩で息をしていたというエピソードが語られました。

この後、圧倒的に不利だった大学選抜による怒涛の反撃が始まります。
場所 試合会場

生コメンタリー上映
T28の履帯

T28重戦車は片側に履帯が2つ、全部で4つの履帯があり、左右それぞれの外側の履帯は、輸送のために外すことが出来ます。

ただし実際には、外すための作業には大人数人で二時間ほどかかります。
場所 ニュルンベルクの要塞

軍事
三突散る

「たぬき食堂」の看板にファーストフードの写真でカモフラージュするというミスによって、マカロニ作戦ツヴァイが失敗し、三号突撃砲が中隊長のアズミによって撃破されます。

大洗女子学園の戦車としては、これが初の白旗となりました。

大洗21 - 大学選抜9
場所 なつかし横丁

本編
レールに上がってきたチャーフィー

ウサギさんチームのように下から撃たず、なぜかチャーフィーが追ってきます。

レールを挟んでいるチャーフィーとは違い、CV33は上を走っていることを考えると、ペパロニのドライブテクニックと度胸は凄まじいです。
場所 コースターのレール

本編
ひよどりごえ (愛里寿無双)

源義経の「鵯越の逆落とし」とかけて、傾斜を下りながらの突進しました。

一般的に戦車は上部装甲が薄いため、上から撃つ方がまだ可能性はあります。
(センチュリオンは砲塔前面が152mmですが、上部なら25cm)

しかし、知波単念願の突撃も華麗な走行と旋回で射撃を避けられ、5輌を流れるように撃破されていまいます。
センチュリオンの乗組員は全員が化け物クラスです。

大洗16 - 大学選抜9
場所 遊園地

本編
17ポンド砲さん

その戦車(ファイアフライ)は、イギリスの戦車だと微妙に主張しているダージリンらしいセリフです。
場所 ニュルンベルクの要塞

本編
戦いは最後の5分間にあるのよ

フランスの皇帝ナポレオン・ボナパルトの言葉で、勝負は最後の最後までわからないという意味合いの言葉になります。

この台詞のあとに、ダージリンらが乗るチャーチルは、チャーフィーとパーシングに挟まれて撃破されます。

ちなみに劇中で決着までのラスト5分はちょうど5輌が中央広場に入った辺りになります。

大洗15-大学選抜8
場所 ニュルンベルクの要塞

本編
大学選抜チーム戦(大学選抜の反撃) › バミューダアタック
いつもどおりの・・・

「戦車が喋った」と生コメンター上映で言われたシーンです。

確かに戦車だけで会話しているのはこのシーンくらいです。

生コメンタリー上映
ウサギさんチームの新境地

レール上でCV33を挟んでいたチャーフィー2輌を、M3リーが撃破します。
重戦車キラーから軽戦車キラーに生まれ変わった瞬間ですが、意外なほどに高い命中率です。

ちなみにコースター上で撃破されたチャーフィーの白旗が異様にデカいです。

この直後にM3リーは、愛里寿が乗るセンチュリオンに撃破されてしまいますが、その際にメガネが完全に割れた大野あやは、最後まで周囲がよく見えていないようです。

大洗14 - 大学選抜6
場所 コースターのレール

本編
バミューダvsサンダース

パーシングの動きが、一定年齢以上の方には「街の遊撃手」にしか見えないと言われているシーンです。

コメンタリーでも「監督が好きなんだろうね」と言われていました。

街の遊撃手についての詳細はリンク先を参照してください。

大洗11 - 大学選抜6
場所 ニュルンベルクの要塞

本編
撃破されるヘッツァーと三式中戦車

センチュリオンから逃げているヘッツァーですが、固定砲塔ゆえに反撃できないまま撃破されます。

この時、なぜその方向へと言いたくなる吹っ飛び方をしており、角谷杏の「やーらーれーたー」と相まってとてもコミカルなシーンとなっています。

また、直後にアリクイさんチームは自慢のパワーを発揮しすぎてレバーをへし折ってバランスを崩したところを撃破されます。
TVシリーズの「力がなさすぎて事故的に撃破される」とは正反対の描かれ方をしているシーンです。

大洗9 - 大学選抜6
場所 遊園地

本編
リミッター外しちゃいますわよ

念願のチャーフィーとの対決(競走)にローズヒップのテンションが上がりまくっています。

クルセイダーには実際にリミッターがあり、戦場で兵士によって勝手にカットされていたため、故障率が高かったそうです。

リミッターカットといい、謎の加速ボタンといい、犠牲を伴う捨て身のパワーアップはロマンです。
場所 遊園地

本編
軍事
ヘイ、タクシー!

ルノーB1bisの排気管が、CV33を載せた時に潰れます。

CV33がB1bisから降りるシーンで潰れた排気管を見ることが出来ます。
場所 コースター周辺

本編
生コメンタリー上映
体当たりでもいいから

中隊長たちをセンチュリオンに合流させないために、体当たり覚悟でT-34/85、ティーガーII、マチルダ、ポルシェティーガーが止めに行きましたが、このシーンではマチルダ(ルクリリ)が撃破されただけに終わります。

ただし、あとのシーンで実際にセリフを言ったカチューシャのT-34/85が体当たりで一輌止めて撃破しています。

大洗8 - 大学選抜6
場所 遊園地

本編
クルセイダーvsチャーフィーの決着

クルセイダーが禁断のリミッターカットでのジャンプでお堀を飛び越え、砲撃でチャーフィーを撃破、その勢いでクルセイダーは壁に突っ込んで大破。
両車走行不能となります。

試合の勝敗が決まったあと、ローズヒップ車の乗組員がチャーフィーの乗組員に紅茶を振舞っているので、好敵手として認めたのかもしれません。

(ローズヒップ本人はチョット不満気に無表情で座っていましたが)

なお、クルセイダーが飛ぶ直前、T28との遭遇で着いた増槽の傷も確認することができます。

大洗7 - 大学選抜5

本編
考察
野良パーシング狩り

CV33が降りた時にルノーB1bisの排気管が潰れていることが確認できます。

ちなみに俯角取れないでやんのと言われたパーシングですが、実際にはかなり俯角が取れる戦車なので、余計に腹がたったのかもしれません。
場所 遊園地

本編
規則は破るためにあるのよ!

規則にうるさく融通が効かない性格だったそど子が、挫折を味わったことにより、柔軟性と強さを手に入れたことが分かるシーンです。

ここまで含めて、描きたかったそど子の変化だと思われます。
場所 ルノーB1bis

本編
考察
スリップでついてきてね

スリップするのか?と戸惑うエリカとは対照的に、スリップストリームとすぐに察するカチューシャです。

普段は小さな暴君ですが、少ない言葉から相手の考えを察したり、ピンチでかばったりと、優秀な面もあり、それが隊長として慕われている理由となっています。

ちなみに生コメンター上映では、スリップストリームよりワイヤーで引っ張った方が早いんじゃないかという、身も蓋もないご意見も出ていました。
場所 遊園地

本編
生コメンタリー上映
T型定規作戦

TVシリーズの分度器作戦に続く文房具名作戦です。

(パロディ元はコンパス作戦です)

「一回も成功したことない」ということは、何度も練習して水没しているということになりますが、その様子を想像すると微笑ましいです。
場所 遊園地

本編
考察
タンケッテ最強!

パーシング水没のあと、CV33とB1bisが続けて撃破されます。

いずれもセンチュリオンが一発で仕留めています。

大洗5 - 大学選抜4
場所 遊園地

本編
エンジン規定はあるけど・・・

土屋が押したEPSボタンは、Electric Power Supplyの略で、エンジンとは別にモーターへ電気を供給する電源を搭載していたのではないか、といわれています。

分校近くの山中で運転を練習している時に試しているのか、ごっそり積まれたバッテリーが見えます。

ちなみに、EPSボタンの横にふたつレバースイッチがありますが、どう考えても戦車の機能ではありません。

◇STEALTH
レーダーに映らなくするあのステルス機能なのでしょうか。

◇V-TOL
Vertical Take-Off and Landingの略で意味は垂直離着陸ですが飛ぶのでしょうか。
場所 ポルシェティーガー

本編
考察
行け、超音速の貴公子!

「音速の貴公子」は事故により亡くなってしまったF1ドライバー「アイルトン・セナ」の愛称です。

そして、このセリフを言っているナカジマですが、名前の由来である元レーシングドライバーの中嶋悟は、かつてアイルトン・セナとチームメイトでした。
場所 ポルシェティーガー

ポルシェ―ティーガーが火を吹いてからの流れ

犠牲は多かったものの、ここでルミを撃破したことが大きいです。

(1)ポルシェティーガーのモーターが(過電流により)焼け焦げ炎上

(2)T-34/85がパーシング(ルミ)に体当たりして動きを止める

(3)ティーガーIIが動きを止めたルミを仕留める

(4)残りのパーシング(メグミ/アズミ)にT-34/85とティーガーIIが撃破される

大洗2 - 大学選抜3
場所 遊園地

本編
このサイトに掲載されている情報は世のおじさんの知識を集めたものです。酒の肴から二次創作の資料まで、基本的にはご自由にお使いいただけます。
端的に言いますと、おじさんたちが語り合うときに「こんな話を知ってる?」っていうためのネタ集です。
文章やHTMLを丸ごと転用したり、営利目的で使ったりはご遠慮ください。
使い方に困ったら遠慮なくご相談くださいませ。

© ガルパンおじさん
画像をただつなげるだけのサービス
ねんどろいどもあ ガールズ&パンツァー IV号戦車 D型改[H型仕様]
ミカ 1/7スケール 塗装済み完成品フィギュア
ガルパンFebri
ガールズ&パンツァー リボンの武者 4
他のグッズ一覧


このサイトに掲載されている情報は世のおじさんの知識を集めたものです。基本的にはご自由にお使いいただけます。
ただし、文章やHTMLを丸ごと転用したり、まとめて販売したりといった使い方はご遠慮ください。
© ガルパンおじさん