エキシビション(~OP) › ダージリンとペコ
茶柱が立つと素敵な訪問者が現れる

「茶柱が立つと素敵な訪問者が現れる」はイギリスの言い伝えです。

日本にも茶柱が立つと縁起が良いといった話があるように、世界中に似た内容のいいつたえが存在するらしいです。
(詳しくはリンク先参照)

これは余談ですが、お茶を表す単語は、世界的に見ても発音がチャかティになるそうです。
場所 チャーチル

本編
大洗ゴルフ倶楽部

エキシビジョン序盤の試合会場は大洗ゴルフ倶楽部です。

ここは日本オープンゴルフ選手権やダイヤモンドカップゴルフといったプロが参加する大会も開催された由緒正しいゴルフ場です。
難易度が高いことでも有名です。

制作スタッフでロケハンを行ったそうで、最終的には6番ホールと18番ホールがモデルとして使われました。

大洗ゴルフ倶楽部でガルパンファン向けの見学イベントを実施した際には、平日であるにもかかわらず、一回目は300人近く、二回目には400人を超える参加者がありました。
場所 大洗ゴルフ倶楽部

Web配信
生コメンタリー上映
戦車が入ったバンカー

モデルは大洗ゴルフ倶楽部6番ホールのバンカーですが、実際には戦車が4輌も入れる程の広さはありません。

ロケハンの際には水島監督だけ、特別に中に入らせてもらったそうで、グリーン側ある高いあごはまるで崖のように見えたそうです。

余談ですが、軍事的用語で「バンカー」といえば人員や装備を守るための防衛施設(掩体壕)です。
場所 バンカー

生コメンタリー上映
観客のセリフ

ビジョンが映るシーンの観客によるセリフは以下の通りです。

観客A「いいぞ やれ―」
観客B「そのまま突撃しろ―」
観客C「チップインバーディー決めろ―」
観客D「油断するな―」

公開当初は「チップインバーディー決めろー」が聞こえるか否かが、ガルパンおじさんの耳と映画館の音響を計る一つの指標になっていました。

BD版では聞こえやすくなっているそうです。

また、このシーンに映っている全てのキャラクターには、ちゃんと設定が考えられているそうです。
場所 観客席

本編
エキシビション(~OP) › ミカとアキの会話
ミカとアキが乗った車両

戦時中の1944年頃にフィンランドのヘルシンキで、路面電車の会社が使っていたトラックだそうです。
搭載されているゴンドラは路面電車の架線を直すために使われました。

水島監督から劇中に出したいと要望があったものの、資料がモノクロの写真しかなく、フィンランドのインターネットサイトで情報募集をしたそうです。

残念ながら情報は見つからず、当時の路面電車などを参考にして、おそらくこんな色だろうという形で決定したそうです。

(リンク先の30枚目の写真が実際のもの)
場所 エキシビジョン会場近辺

Web配信
生コメンタリー上映
軍事
ミカのキャラ

奇妙な発言を連発するミカに対して、フィンランドの監修を担当する齋木氏は「フィンランド人はみんなあんな感じ。神話では神様同士が詩吟でバトルしてるし。」と言っていました。
(多分ジョークだと思います、多分)

水島監督は同国の有名作品「ムーミン」のファンだということですが、斜に構えた物言い、帽子、楽器を持ち歩くことなどから見て取れる通り、ミカは「スナフキン」がモデルと思われます。

同じく継続高校のアキは「ムーミン」、ミッコは「ミイ」をモデルにしていると言われています。

生コメンタリー上映
エキシビション(~OP) › OPまで
観測用の航空機(銀河)

試合中に戦況を確認するために審判員が乗っている航空機です。

水島監督がどうしても出したかったために、観測機や偵察機でなく陸上攻撃機の「銀河」になったそうです。

大学選抜との試合でも、2機の銀河が会場の上空を飛んでいることが、スクリーンなどから分かります。
場所 エキシビション会場

本編
生コメンタリー上映
軍事
スコーン (お菓子)

スコーンの名称は、スコットランドのパースにあるスコーン城で、歴代国王の戴冠式に使用された椅子の礎石「The Stone of Scone(運命の石)」に由来しします。

そのため、今でもスコーンは石を連想させる形に焼かれることが一般的です。

それにしても、運命の石をモチーフにしたスコーンが「勝手に割れた」というと、ちょっと含みがある感じがして、とてもダージリンらしいセリフに思えてきます。

考察
西隊長(西絹代)

西の名前は旧帝国陸軍の軍人であり、華族(男爵)にして、オリンピック金メダリストの西竹一氏から取られています。

西竹一氏は1932年のロサンゼルスオリンピック馬術障害飛越競技の金メダリストとなっており、写真通りのイケメンぶりも相まって、バロン西の愛称で国民から親しまれていたそうです。

ちなみに、作品には出てきませんが、西は自分のバイクにウラヌスという名前をつけているという設定があり、これは西竹一氏の愛馬の名前と同じです。

書籍
軍事
パンツァー・フォーって何ですか

知波単のポンコツ感を醸し出すセリフではありますが、一応は劇場版で初めてガルパンを見た人への配慮でもあるのかもしれません。

今でこそ作品を代表するセリフではありますが、テレビシリーズ1話でも同様に説明が入っていたことが懐かしく思い出されます。

劇場版公開当初の知名度を考慮するとそういう配慮も必要だったのかもしれません。

本編
みんな真面目「そう」だし

「みんな真面目『そう』だし、勇敢だから」

勇敢だけ断言したのは意図的なのか、無意識に何かを感じ取ったからなのか。
ちょっと気になるところです。
(実際のところ知波単の皆様が真面目なのも事実には違いないので)

本編
エキシビション(~OP) › OP
ウサギさんチームのマーク

ウサギさんチームのパーソナルマークは、おそらくWizardry(ゲーム)に出てくるボーパルバニーのパロディです。
ボーパルバニーはゲームの序盤に登場するにもかかわらず、首を狩る即死攻撃をしてきます。

ちなみに、首刈りうさぎとしてボーパルバニーが出てきたのは、映画「Monty Python and the Holy Grail」が最初だと思われます。
ボーパルバニーは物語の中でアーサー王一行に襲いかかり、次々と円卓の騎士を殺していうとんでもないうさぎです。

さらに元となる「ボーパル」という単語はルイスキャロルの「鏡の国のアリス」で出てくる造語で、怪物「ジャバウォッキー※」を倒す「名剣」なのだそうです。

※ T28重戦車を見た時にペコが言った怪物の名前です

宇津木優季が持っている作戦ノートの表紙は、まさにボーパルバニーにふさわしい物になっています。

本編
考察
キノコ

「B1bis」と「ポルシェティーガー」が登場するシーンで手前にキノコが見えます。

これはスタッフがロケハンでゴルフ場を回った際に、たくさん生えていたものだそうです。
場所 ゴルフ場の松林内

生コメンタリー上映
このサイトに掲載されている情報は世のおじさんの知識を集めたものです。酒の肴から二次創作の資料まで、基本的にはご自由にお使いいただけます。
端的に言いますと、おじさんたちが語り合うときに「こんな話を知ってる?」っていうためのネタ集です。
文章やHTMLを丸ごと転用したり、営利目的で使ったりはご遠慮ください。
使い方に困ったら遠慮なくご相談くださいませ。

© ガルパンおじさん
画像をただつなげるだけのサービス
ガールズ&パンツァー 特装限定版 全6巻セット
ガールズ&パンツァー 劇場版特装限定版 (戦車トークCD付)
西住 みほ パンツァージャケットVer. 1/8スケール
ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:サンダース大学付属高校
他のグッズ一覧


このサイトに掲載されている情報は世のおじさんの知識を集めたものです。基本的にはご自由にお使いいただけます。
ただし、文章やHTMLを丸ごと転用したり、まとめて販売したりといった使い方はご遠慮ください。
© ガルパンおじさん